山野美容芸術短期大学『入学式』

山野美容芸術短期大学(山野愛子ジェーン理事長・学長)は4月3日、『第28回入学式』を挙行し、山野学長は美容デザイン専攻、エステティック専攻、国際美容コミュニケーション専攻の262名に入学を許可した。

山野正義総長は「自分で決めた道を休んだり辞めたりせずに頑張って、当校とともに大きく育っていただきたい」とあいさつ。山野理事長・学長は「当校には、たくさんのチャレンジやチャンスがある。この学校を仕事場と思って登校し、たくさんの経験を積み、友だちをつくって楽しい学生生活を送ってください。初代山野愛子は“人生は富士山の8合目を目指していく旅(頂上だと達成後は降り坂になるので)”と述べています。8合目を目指して、いつまでもいろいろな勉強をしながら頑張りましょう」と式辞を述べた。

小宮山洋子客員教授や八代英太客員教授他、来賓から祝辞がおくられると、新入生代表が「歴史と伝統ある学び舎で、美容を通して社会に貢献できる人になれるよう、これから精進していきます。夢である“人を美しくする仕事に就く”を実現するために美容の知識や技術を学び、世界に目を向け可能性や知見を広げたい。仲間とともに協力し励まし合いながら困難を乗り越え、日々努力することを誓います」と誓いの言葉を述べた。その後、教職員紹介が行なわれ、学苑歌を斉唱し閉式した。